シャッター・雨戸

シャッター・雨戸
今ある窓にカンタン後付できます。シャッター、雨戸を取り付けることで雨風から窓を守り、防犯性もアップします!

地球温暖化の影響で台風は年々大型化し、竜巻や突風も増加傾向にあります。
その脅威から家族と暮らしを守るためには事前にしっかりと備えることが大切です。

台風の時に窓が割れる原因は?

風だけで窓ガラスが割れる心配は少なく、ガラスが割れる原因の多くは風で飛ばされたものがぶつかるためです。平均風速20m/s以上になると、看板の落下・飛散、屋根瓦が飛ぶ被害が出始めます。さらに平均風速が35m/sを超える風になると、外壁材が壊れて飛散し始めます。

2019年の台風15号では関東地方19ヵ所で最大瞬間風速史上1位の記録を更新しました。
(茨城県29.77m/s~東京都58m/s)※気象庁HPより

窓から大災害につながることも…

飛来物によって窓ガラスが割れてしまうことで暴風が一気に家の中に流れ込み、屋根が吹き上がってしまうという被害も報告されています。

他にも…
・割れたガラスの破片や物が室内に飛び散って二次災害の原因になります。
・雨が吹き込んで腐食やカビの原因になる場合もあります。

一般的に防犯対策というと玄関を考えがちですが、実はほとんどの侵入経路は「窓」から。
シャッターや雨戸を取り付けていると、侵入抑制は効果抜群。物理的にガードしているということはもちろん、泥棒にとって室内の様子がわからないため、侵入する気が起こらないという視覚的な効果も大きいです。

シャッターや雨戸以外で防災・防犯対策をしたい場合は、「防犯合せガラス」「飛散防止フィルム」がオススメです。

シャッターの施工事例を見る

雨戸の施工事例を見る